ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 尾道市立浦崎小学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

尾道市立浦崎小学校 実践のポイント

 本校では,「おのみち『心の元気』ウィーク」(11月1日~11月7日)に合わせて,平成17年度から毎年道徳の時間の地域公開授業,収穫感謝祭(学校田で収穫したもち米をつかってのもちつき),地域貢献活動(地域清掃活動)をおこなってきました。毎年,授業の終わりには,全学級でゲストティーチャーによるお話を入れています。(平成17年度公開授業 テーマ 「感謝」, 平成18年度公開授業 テーマ 「夢と志」)

平成19年度公開授業  テーマ 「生命尊重」

学年資料名・内容項目・ねらい授業のポイント・ゲストティーチャー授業風景
1年生よっちゃんのしんぞう
 (自作資料)
 3-(2) 生命尊重
 かけがえのない生命の尊さに気づき,大切にしようとする心情を育てる。
 元気に遊んだり勉強したりできるのも,生きている証。保護者の方に児童にあてた手紙を読んでもらうことで,かけがえのない自分の存在,生命の大切さを実感させる。授業風景
2年生ゆきひょうのライナ
 (東京書籍)
 3-(2) 生命尊重 
 「食」を通して生命のつながりに気づき生命あるものを大切にしようとする心情を育てる。
 栄養専門員の方にお話をしていただくことにより,「食」を通して生命のつながりに気づき,他の生命に支えられている自分の生命の重さを知らせる。授業風景
3年生いただいた いのち
 (東京書籍)
 3-(2) 生命尊重 
 命の尊さを知り,すべての命あるものを大切にする気持ちを育てる。
 多くの人の協力と励ましで治った主人公の病。保護者の方にお話をしていただくことにより,家族の中で大事にされている自分を知らせる。授業風景
4年生いのち 受けついで
 (自作資料)
 3-(2) 生命尊重 
 受け継がれる生命を感じて,生命を大切にする態度を養う。
 命と直接向き合って働く看護師さんの実体験に基づくお話で,誰もが幸せでありたいと願い,今ある自分は,生命を代々受け継いできたのだと実感させる。授業風景
5年生じぶんの番 -いのちのバトン-  (光村図書)
 3-(2)生命尊重
 生きていることの素晴らしさ,かけがえのなさを理解し,精一杯輝いて生きていこうとする心情を育てる。
 相田みつをさんの詩や保護者によるお話から,自分が生きていることの尊さを感じ取り,もし途中でどんなことがあっても,一生懸命に生きていこうとすることの大切さを考えさせる。授業風景
6年生いのちの重み
 (自作資料)
 3-(2) 生命尊重
 生命がかけがえのないものであることを知り,自他の生命を尊重する心を養う。
 保護者の方々に授業に参加していただき,「いのち」について一緒に考えていく。身近な出来事や実際に起きた事例を提示し,「いのち」の大切さを実感させる。話合い活動によって考えを深めていく。授業風景
特別支援いきるよろこび
 (自作資料)
 3-(2) 生命尊重
 生きることを喜び,生命を大切にする心をもつ。
 ゲストティーチャーが描いた絵手紙を見て話すことにより,描きたいという意欲を高める。一緒に楽しく絵を描いた後,その絵を見ながら話をしたり,ほめたりすることにより,満足感や喜びを味わわせる。授業風景

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。