ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 江田島市立江田島小学校 実践のポイント(1)
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

江田島市立江田島小学校 実践のポイント(1)

1 学級活動の授業づくり

総合単元的な学級活動の展開

【実践例】 6年1組 学級活動(1) 

「1年生とのふれあい週間を成功させよう~最高学年として自分たちにできることPart1~」 

 1学期に1年生との交流を設定し,その活動を通して,教師は「学級全員がお互いに協力し合い,自分のことだけでなく,相手のことを考えて行動できる。」「異学年交流を通して,下学年から感謝されたり,賞賛されたりすることで,自尊感情を高めている。」という児童の姿を求めている。学級活動の実践の中にはいろいろな道徳的心情を養う場面が含まれているが,予想される活動を通してつけたい力を明確にし,道徳の時間との効果的な関連を図るように構想し実践した。

期間特別活動
[学級活動(1)]
道徳の時間常時活動児童の意識の流れ
4月中旬

道徳の時間

4-(1)社会的役割の自覚と責任
資料名「幸せをおくるリーダーに」

ねらい

集団の中で責任を持って主体的に自分の役割を果たし,協力して集団の向上に努めようとする態度を養う。

6年生になったんだから,委員会やクラブでもみんなをまとめて,責任を果たしていくぞ。

5月中旬

道徳の時間

2-(1)向上心・個性の伸長
資料名「オトちゃんルール」

ねらい

自分の長所を知り,それを伸ばしていこうとする態度を養う。

一人一人のちがいを認め,自分のいいところを伸ばしていける学級にしていきたいな。

給食配膳のお世話の様子 
給食配膳のお世話 

掃除のお手伝いの様子
掃除のお手伝い

1年生のお世話をする機会はいろいろあるけど,どれもゆっくり話をしたりする楽しい時間にならないね。1年生と一緒に楽しい時間をもちたいな。

6月中旬

7月中旬

学級活動(1)

(1)活動の準備をする

  • 活動の意義や目的について考え,話合い活動の計画を立てる。(計画委員会が中心)
  • 計画委員会の話を聞き,「マイプランカード」に書く。
  • 意見一覧表をつくり,自分の考えや思いをまとめる。

矢印

矢印

常時活動

帰りの会

学級活動で話し合いたいことを議題カードに書く。

昼休み

計画委員会でみんなから出てきた議題をどのように解決していくか話し合う。

学級活動(1)

(2)話合い活動をする

  • ねらいに合った活動内容を決める話合いを行う。
  • 他者の思いやふれあい活動のねらいを考えた意見を大切にしている意見を「今日のキラリ」として評価していく。

矢印 話し合いの様子 決定したこと3つに決定!

話し合いの様子 決定したこと

学級活動(1)

(3)実践する

  • 全員で決めた活動内容の具体化を図る。
  • 話合いで決まった活動をクラス全員で実践する。

矢印

常時活動

昼休み・放課後

ふれあい活動に向けてチームで準備をする。

矢印 ビッグなイラスト作り 給食を一緒に食べる ふれあい集会
 ビッグなイラスト作り   給食を一緒に食べる  ふれあい集会

1年生といろいろお話ができて,とても楽しかった。喜んでもらえて,やってよかったな。

学級活動(1)

(4)活動の振り返りをする
活動を振り返り,感想と今後に生かしたいことを一人一人まとめる。

7月中旬

道徳の時間

4-(1)社会的役割の自覚と責任 資料名「どうすればいいの」

ねらい

集団の中で責任を持って主体的に自分の役割を自覚し,協力して集団の向上に努めようとする態度を養う。

1年生との交流では,「ビッグなイラストづくり」で1年生に楽しんでもらうため,準備を進んで行ったよ。

 活動を振り返っての児童の感想

  • 1年生が喜んでくれていて,とてもうれしかった。もっと1年生にフリスビーをわたしたりして,気づかってあげればよかった。給食では1年生の○○さんとたくさんお話ができました。とても楽しい給食でした。
  • ぼくがふれあい週間をしてよかったことは,1年生に積極的に話しかけたことです。マンガの話題で盛り上がって,1年生の心をつかめたと思うので,よかったです。
  • 給食を食べるときに話ができた。特にじゃんけんゲームのときに名前を覚えられた。休けい時間とかも会うと話しかけてくれたりするのでうれしいです。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイント(2)へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。