ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 三原市立第二中学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

三原市立第二中学校 取組みの概要

 本校は平成14年度から3年間「人権教育総合推進地域事業」の指定を受け,取組みを進めてきた。その結果,学校総体としての落ち着きは取り戻してきた。しかし,学習面における個の課題は大きい。一昨年度は,全領域における個に応じたきめ細かな指導のあり方について研究を深めていくことにより,基本的な生活習慣の確立,確かな学力の定着,体験活動等を通した豊かな心の育成を図り,自尊感情を高め,自他の人権について考えさせ,人権尊重の精神の涵養を図る研究・実践を進めてきた。

 今年度は,文部科学省委嘱の「高等学校・中学校『人間としての在り方生き方を考える教育』実践研究事業」研究重点指定校となり,今まで培ってきた自己存在感や自尊感情の上に他者理解も深め,確かな学力をもとにした人間関係形成能力を育んでいきたい。それによって,道徳的価値及び人間としての生き方についての自覚を深め,道徳的実践力を育成する。

研究構造図

学校教育目標

『知・徳・体』の調和を図り,21世紀を主体的に生きていく生徒を育成する

文部科学省 高等学校・中学校 「人間としての在り方生き方を考える教育」実践研究事業

広島県

「不登校児童生徒支援モデル事業指定校」

矢印

校訓

「響き合う二中っ子」~感性・表現・耐性~

  • 心で見つめ受け止める感性を大切にできる生徒
  • 自分の考えを豊かに表現できる生徒
  • 苦しみに負けない耐性を身につける生徒
矢印

三原市

「教育創造プラン推進事業指定校」

研究主題

「学び合う意欲と態度の育成による、豊かな感性と確かな学力の定着」

~人間としての在り方生き方を考える道徳教育を通して~

~授業における学びの共同体を通して~

【分かる授業の創造】  【生徒指導の充実】

確かな学力

  •  「学びの共同体」授業
  •  指導方法の工夫改善
    (習熟度別,少人数,TT等)
  •  思考の場の設定と工夫
  • 学習規律の確立
  • 放課後学習の充実 
  • 家庭学習の習慣化
  • ことばの教育
  •  ホップ・ステップ・ジャンプの課題

 豊かな心

  • 道徳教育の充実
  • 体験的な学習の充実
  • 短学活の充実
  • 人間関係形成能力の育成
  • 感動ある集団活動の実施
  • 教育相談活動の充実
  • 不登校生徒への支援
  • SGE(構成的グループエンカウンター)の実施

体力の向上

  • クラブ活動の充実
  • 基礎体力の向上
  • 体力つくりへの挑戦

 地域に開かれた信頼される学校

情報発信

学校公開の推進

学校評価の実施と公開

小中高連携

地域連携の充実

 【自己存在感の育成】

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。