ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 府中市立栗生小学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

府中市立栗生小学校 取組みの概要

豊かな心をもち,よりよく生きようとする子どもを育成しようとするとき,かなめとなる道徳の時間において,友だちや先生の考えに耳を傾け,自分自身の考えに気づいたり,自分自身の考えをもったり,自分自身の行動をふり返り未来への展望をもったりすることが大切である。道徳の時間がこのような時間となるためには,伝え合い学び合う道徳の授業づくりが必要であると考え,そのための具体的手立てを次のように設定し,研究に取り組んだ。

  • 総合単元的な道徳学習の展開
  • 道徳的価値の自覚を深める発問の工夫
  • 学習規律の確立
  • 評価の工夫

目指す子ども像

 昨年度より,子どもの実態や教職員の願いから,豊かな心を3つの観点でとらえ,それらを目指す子ども像として研究に取り組んでいる。

豊かな心をもち,よりよく生きようとする子豊かな心

目標を立て,努力する子

  • がんばって取り組みたいものをもつ。
  • 物事に粘り強く取り組む。
  • あきらめないで最後まで頑張る。

思いやりのある子

  • 協力し助け合う。
  • 友だちや自分を大切にする。
  • 誰に対しても思いやりの心をもつ。
  • 相手の立場に立って考える。

命を大切にする子

  • 一人ひとりの良さや違いを認める。
  • 命のあるものを大切にする。

よりよく生きようとする力

道徳教育全体構想図

日本国憲法 教育基本法 学校教育法 学習指導要領 広島県教育委員会施策 府中市教育委員会施策

学校教育目標

豊かな心で 自ら学ぶ子どもの育成

めざす子ども像

  • 最後までやりぬく子
  • 思いやりのある子
  • 明るくいきいきとした子

児童の実態

  • 明るくのびのびと活動する。
  • 素直でおだやかである。
  • 仲間とかかわり合いながら,共に高まることはできにくい。
  • ねばり強く物事をやり遂げる力が十分についていない児童もいる。

研究主題

豊かな心をもち,よりよく生きようとする子どもの育成-伝え合い学び合う道徳の時間の授業作りを通して-

道徳教育の重点目標

  • 良い生活習慣を身に付け,自分の生活をよりよくしていくことができる。
  • 目標を立て,物事に粘り強く取り組むことができる。
  • だれに対しても思いやりの心をもち,相手の立場に立って考えることができる。
  • 生命がかけがえのないものであることを知り,自他の生命を大切にすることができる。

地域の実態

  • 豊かな自然環境に恵まれている。
  • 保護者,地域の方,共に学校に愛着と誇りをもっておられ,学校教育への関心と期待は大きく,大変協力的である。
  • 地域に高齢者が多く,高齢者や地域ボランティアの方と学校との交流が活発である。

各教科

国語適切に表現し,伝え合う力を高めると共に,豊かな言語感覚と感動する心を育てる。
社会自分たちの生活や社会の動きを具体的にとらえ,より良い社会をつくっていこうとする態度を養う。
算数数理的活動を通して,筋道を立ててねばり強く考える探求心を養う。
理科自然や動植物を愛する心情を養うと共に,科学的な見方,考え方を養う。
生活具体的な体験や活動を通して,自立の基礎を養う。
音楽表現や鑑賞の活動を通して,豊かな感性を養う。
図工造形的な創造活動や,鑑賞を通して,豊かな情操を養う。
家庭家族に対して,親愛の情を育てると共に,家族の一員として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。
体育適切な運動の経験と健康・安全についての理解を通して,最後までやり抜く強い意志と協力的な態度を養う。

低・中・高学年の重点項目

低学年

  • 1-(1)節度
  • 2-(2)親切
  • 4-(2)家族愛

中学年

  • 1-(3)勤勉努力
  • 2-(3)友情
  • 4-(1)公徳心・規則尊重

高学年

  • 1-(2)理想・努力
  • 2-(2)親切・思いやり
  • 3-(2)生命尊重

総合的な学習の時間

学び方や表現の仕方を身につけ,問題の解決や表現活動に主体的,創造的に取り組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにする。

特別活動

望ましい集団活動を通して,心身の調和のとれた発達と個性の伸張を図ると共に,集団の一員としての自覚を深め,協力してより良い生活を築こうとする自主的,実践的な態度を育てる。

道徳の時間の指導方針

  • 道徳の時間と各教科,特別活動及び総合的な学習の時間における道徳教育との密接な関連を図りながら,計画的発展的な指導によって,それらを補充,進化,統合し,道徳的価値の自覚を深め,道徳的実践力を育成する。
  • 児童がねらいに照らして,個々の生活体験や価値観に基づく自分の思いや考えを,友だちや先生と伝え会い学び合う道徳の時間の授業づくりを行うことにより,道徳的価値の自覚を深める。

学級活動

学級や学校の生活の充実と向上を図り,健全な生活態度の育成に資する活動を通して,望ましい人間関係の育成等を図る。

児童会活動

児童の自発的,自治的な活動を通して,生活を一層充実させようとする態度を育てる。

クラブ活動

異年齢で協力して活動し,興味・関心を追求すると共に,個性の伸張を図る。

学校行事

学校生活の充実と発展に資する体験的な活動を通して,責任・公徳心などの道徳性を育てる。

心のノートの活用

  • 道徳の時間をはじめ,各教科,特別活動及び総合的な学習の時間など,あらゆる時間や場で計画的に活用する。
  • 学校と家庭,地域との連携を図るために活用する。

生徒指導

  • 家庭と連携をとりながら,基本的生活習慣の定着を図る。
  • 児童理解に努めながら,指導の充実を図る。

教育環境の整備

児童の豊かな心を育て,道徳的実践意欲を高めるのに役立つものにする。

  • 環境美化
  • 掲示物の整備
  • 図書室の充実

学級づくり

  • 教師と児童,児童相互において,尊敬と信頼関係,温かい人間関係を確立することを通して,学級における道徳的な雰囲気づくりをしていく。
  • 基本的な生活習慣を徹底する。
  • 学級の環境を充実させる。

家庭・地域との連携

  • 道徳の時間の授業公開を行う。
  • 学級懇談会・各種通信・連絡帳など通して保護者との連携を深める。
  • 地域の人々との交流を深め郷土の良さに気付かせ,郷土の文化や伝統を大切にし,発展に努めようとする意欲を育てる。

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。