ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 尾道市立長江中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

尾道市立長江中学校 成果と課題

成果と課題

生徒アンケートによる

青色とても 紫色だいたい 黄色あまり 水色まったく

道徳の時間は楽しい
アンケート結果のグラフ1

道徳はためになる
アンケート結果のグラフ2

他の人の意見に興味がある
アンケート結果のグラフ3

他の人の意見で考えが深まる
アンケート結果のグラフ4

安心して学校生活をおくっている
アンケート結果のグラフ5

学校のものを大切にしている
アンケート結果のグラフ6

保護者・評議員による評価 質問紙方法 肯定的評価(4段階)

本校では,ルールを守る態度を生徒に育てていますか。82%
本校では,生徒指導が充実できるよう意識統一して行われていますか。71%
本校の職員は,生徒が困っているときに親身になって相談に乗っていますか。87%

成果

○「道徳の時間はためになる」の肯定的評価が80%を超えている。その理由として,「他の人の意見がわかり,自分の意見が深まる」,「毎時間変わる資料」,「心について扱うから」があげてあったことから,TTによる授業構成の指導法の改善が進んでいると考える。
○「他の人の意見に興味がある」が83%,「他の人の意見で考えが深まる」が74%である。多様な価値観を引き出す中心発問で構成する授業が効果的であることがわかる。
○学校環境を整えることは,落ち着いた学びを引き出すことに有効であった。

課題

●他の人の意見に興味があり,また,意見によって深まりがあることから,資料の選択・集団づくりを通しての意見の交流によって,授業の効果をあげるようにしていきたい。また,中心発問が不十分であると思われる授業もあるので,授業研究を進めていく。あらかじめ資料を読んで,話し合ってみたいところを生徒が考える授業など,互いの意見によって自覚を深めていく授業などの工夫をしていきたい。
●「安心してこれる学校作り」は80%を超えているが,すべての生徒が安心して学校生活を送れるよう100%を目指したい。そのために豊かな心ですべての生徒が安心して生活できる学校づくり,環境づくりをしていく。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。