ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 北広島町立本地小学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

北広島町立本地小学校 成果と課題

成果と課題

(1)総合単元的な道徳学習について

○現在の実態からめざす子ども像へと高まっていくための児童の意識の流れを生むには「ふれる」「気づく」「深める」「創る」の各段階で,どのような学習や活動をどういう順序で配列していけばよいのか考えてユニットを構成してきた。このように,ユニットを構成していくポイントを共通認識することができたことは大きな成果である。

○作成したユニットで学習していくと,道徳の時間だけで取り組む際と比べて,児童の価値はより深まり広がっていくという手ごたえを感じることができた。

●総合的な学習の時間の計画を見直し,命の大切さを感じることができるような体験活動や,地域の方々・ゲストティーチャーとの交流を取り入れていくようにしていきたい。これらの活動を通して児童が主体的に学習し「生きる力」として根づかせていく中で,児童自身の価値観を育てていきたい。

(2)道徳の時間について

○アンケートの結果から,道徳の時間の学習についてはどの学年もほとんどの児童が「道徳の時間はためになる」と考えることができていた。道徳の時間の大切さが児童の中に定着してきたといえる。自作資料や役割演技・動作化・討論を取り入れた授業ほど児童の心に残っている。

●役割演技・動作化・討論などの活用については,児童の実態や発達段階に応じ,児童の価値を深めていくために必要なものであるかどうか,その時間のねらいと照らし合わせて十分考えていくように留意したい。また,総合単元的な道徳学習の中の1時間としての「道徳の時間」の場合には,より大きな効果を生むことができるように導入や終末の持ち方を工夫していきたい。

 (3)子どもの姿について

○総合単元的な道徳学習を進めていく中で,みんな仲良く楽しく生活していくために学校や学級のきまりやルールを守らなければならないことに気づくことができたり,生きものの世話を積極的にするようになったり,道徳ノートのなかに命についての価値観が深まっていくことが分かるような記述が出てきたりするようになってきている。子ども達は着実にめざす子ども像へと近づいている。

●指導者が感じている児童の変容をより確かなものとして評価していく必要性を感じている。今後,評価を確実にしていくことで,子どもの変容をしっかりと把握するとともに,命を大切にする心をじっくりと育てていきたい。

老人クラブの力を借りて米作り・女性会と力を借りて、できたお米を使い、お弁当を一人暮らしのお年寄りに配布

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。