ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 福山市立加茂中学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

福山市立加茂中学校 取組みの概要

取組みの概要

(1)研究主題

 「心に響き,心を動かす道徳教育」
~自らの生き方を問い直し,集団とのかかわりを通して主体的に生きる生徒の育成~

(2)設定理由

 平成14・15年度広島県道徳教育実践研究指定校として2年間,その後平成16・17年度文部科学省指定事業指定校として2年間,「心に響く道徳教育」を研究主題に,重点的に取り組むべき生活課題と道徳の内容項目とを重ね合わせて,道徳的価値及び人間としての生き方についての自覚を深める「道徳の時間」の指導の工夫・改善に取り組んできた。
 生徒指導面からのスタートではあったが,これまでの研究・実践を通して,ひたむきに努力する生徒たちの姿や興味・関心を持って意欲的に学習する姿も見られるようになってきた。
 しかし,変化の激しい社会において,今後も本校生徒にとって,自分を見失わず,他人と協調しながら,自律した社会生活が送れるような心の育ち(道徳的価値観の向上)が必要である。そのためには,学校の教育活動全体を通して生徒の心をしっかりと突き動かし揺さぶることが必要である。とりわけ,豊かな体験活動や「本物」との出会いなどを通して様々な感動や生き方・考え方に触れることは重要であり,「道徳の時間」との関連を図りながら指導することで,より主体的に自己の生き方についての自覚を深めていくと考える。
 また,集団の中で規律と温かさのある活動を充実していくことで,仲間との人間関係が深まり,学校や社会の一員としての自覚も深まると考える。
 このように,様々な教育活動の中で生徒が持つ道徳的価値観(価値基準)を向上させていくことで,将来をしっかりと見つめ,目標に向かって積極的に努力する活力ある生徒を育てることができると考え,この主題を設定した。

(3)研究概要

授業風景1○心に響く道徳教育の展開
 ・総合的に道徳的実践力を育む指導方法の充実
 ・魅力的な教材の開発や体験を生かす工夫
 ・豊かな心を育てる環境づくり
 ・教科や他の領域との関連

○道徳的判断力を育成する道徳授業の開発
 ・善悪について正しい知識の習得
 ・善悪について正しく理解する力の育成
 ・問題場面において,善悪を正しく判断する力の育成
 ・道徳の時間の指導法の工夫・改善(ジレンマ資料への取組み)

○開かれた道徳教育の推進
 ・道徳性を培う体験活動の活性化
 ・地域・保護者の連携・協力による道徳教育の啓発
 ・学校間の多様な交流

(4)研究組織及び推進体制

授業風景2

○研究組織・体制
 ・道徳委員会(校長・教頭・道徳推進者・各学年道徳担当者)
 ・学年会(道徳担当者・該当学年教諭)

○組織及び推進体制構築に当たって留意したこと
 ・道徳委員会を毎学期に2回以上招集し,道徳教育の推進状況や今後の予定,課題を確認する。
 ・道徳の指導案検討は道徳担当者を入れて,学年会で必ず行う。

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。