ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 廿日市市立阿品台中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

廿日市市立阿品台中学校 成果と課題

成果と課題

 【「基礎・基本」定着状況調査の結果】

 「学校は楽しい」の調査結果「基礎・基本」定着状況調査の結果

【学校評価の結果】

<生徒>

評価内容肯定的評価
阿品台中学校の学校教育目標を知っている。93%
ベル着など授業規律を守ろうと努力している。91%
学校や地域で進んであいさつができる。84%
清掃活動に意欲的に取り組んでいる。83%
授業や行事などで達成感や充実感を感じたことがある。79%
間違った言動をとったとき,注意してくれる友達がいる。79%
道徳の授業がためになっていると思う。62%

<保護者>

評価内容肯定的評価
教職員の対応マナーはよい。(訪問したとき・電話のときなど)89%
校内は清掃が行き届ききれいである。88%
阿品台中学校の生徒は,あいさつやことばづかいがよい。62%
阿品台中学校の生徒は,思いやりの心が育っている。59%
家庭でも正しいことばづかいで会話することができる。42%

【成果と課題】

(1)基礎基本定着状況調査から

○「基礎・基本」定着状況調査の結果では,「学校は楽しい」と答えている生徒の割合が83.8%であり,「夢や目標がある」,「学習ができるようになりたい」「将来の役に立つから勉強をする」と答える生徒が増えてきている。

(2)学校評価の結果から

○生徒はベル着,授業規律,あいさつ,清掃活動に,真面目に仲間と一緒に協力して取り組んでいる様子がうかがえる。取組みの継続と生徒の主体的な実践力へとつなげていきたい。

○生徒は様々な取組みで達成感や充実感を味わっている。今後も,より多くの生徒が達成感や充実感を強く味わえるような取組みの工夫をしていきたい。

○道徳の授業については,「ためになっている」という生徒が少ない。自分を見つめることや,いろいろな人の考えや気持ちが分かる時間になっていないということであり,さらなる授業改善に取り組みたい。

○保護者の評価からは,家庭生活の改善の必要性を感じる。学校の取組みも,十分ではないが,より一層家庭と連携して心の教育に取り組んでいきたい。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。