ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立狩小川小学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立狩小川小学校 成果と課題

成果と課題

【成果】

(授業の導入において)

・パソコンによる映像提示により,児童の視覚に訴え心を揺さぶる導入を行うことができた。

(授業の展開において)

・資料提示の際,録音テープを使用したり資料のキーワードを黒板に掲示したりすることによって,内容の理解を促すことができた。

・板書計画を工夫することにより,資料の内容を分かりやすく表現したり,児童が考えを深めやすくしたりすることができた。

・ワークシートを活用することで,授業に変化をもたせるとともに,児童一人一人の考えを深めることができた。

・赤白帽子やネームプレートなどを効果的に使用することで,児童が自分の考えを明確にすることができた。

・教材研究の際,児童の発言を細かく予想し,事前に的確な意見の類型化をすることができた。

 (授業の終末において)

教師の説話に映像を取り入れたことで,余韻の残る効果的な終末にすることができた。

本時のねらいに沿った内容の歌を歌ったことで,児童の心に響く余韻の残る授業になった。

【課題】

・より多様な導入方法の研究。

・授業を深めるための板書における場面絵の活用。

・価値の内面的自覚を促すためのワークシートの活用。

・自分の考えを率直に出し合える学級づくり。

・児童の意見交流を活発にするための指導法。

・児童の意見を引き出すための机間指導の実施。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。