ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

竹原市立竹原小学校 実践のポイント

実践のポイント

 本校は平成18・19年度文部科学省「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」研究指定校を受けて,「道徳教育」を中心とした教育研究を進めています。
 この中で,道徳学習プログラムの開発として,「横断的な道徳学習」に取り組んでいます。

横断的な道徳学習とは

横断的な道徳学習の説明

児童の共通体験や知識と道徳の時間とを短期間で直接的に結びつけた学習

 【特色】
○特定の道徳的価値と教科等との関連が直接的で緊密で短期的スパンで実施することができる。
○各教科などの共通体験や共通の学びをもとに,かなめとなる道徳の時間において,学んだことを補充・深化・統合することによって道徳的価値の自覚を深め,道徳的実践力を育成することができる。

【横断的な道徳学習の進め方】

横断的な道徳学習の進め方の内容

【実践例1】

 生活科の時間に経験したことを想起しながら道徳の時間により高い価値に気付く。

実践例1の内容

【実践例2】

 家庭科の時間に「感謝の心」についても価値を高め,道徳の時間にさらに広げる。

実践例2の内容

【実践例3】

 道徳の時間での学びを総合的な学習の時間でも生かしていく。

実践例3の内容

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

 

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする