ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 安芸太田町立津浪小学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

安芸太田町立津浪小学校 取組みの概要

取組みの概要

  本校では,豊かな心を持ち,よりよい生き方を求める道徳教育の充実を図る取組みを進めている。地域・家庭との連携を図り,開かれた道徳の時間の創造をめざしており,本年度は,次の3点を中心に道徳教育を推進している。

(1)児童の実態・親の願い・地域の願いに沿った重点項目を決め,授業実践をする。

〈 本年度の重点目標 〉

○自分の目標に向かって,最後までやりぬく子

○自ら判断し行動できる子

○まわりの人を思いやり,助け合う子

 本年度は,昨年度5項目だった重点目標を3項目に絞った。これは昨年度の焦点が絞り切れず,成果が上がりにくいという反省によるものである。児童の実態や保護者の声なども参考にしながら,本年度の取組みを進めることにした。

(2)粘り強くやりきる態度を育成するために,児童が責任感を持つと同時にやりきったことへの達成感や成就感を味わえるよう日々の教育活動を推進する。

 昨年度の課題として,「粘り強くやりきる姿勢に欠ける」「自己肯定感を持てない児童が多い」ということが上がった。そこで,「やるべきことをやりきらせる」「やりきったことによる達成感を味わわせる」ということを念頭に置きながら,日々の教育活動を進めている。児童一人一人が立てた目標を玄関近くに掲示し,みんなで見守り,声かけや評価をしていったり,一つ一つの行事をやりきらせるための指導を工夫し,児童一人一人がやりきったという満足感や成就感を味わわせる努力をしてきた。

(3)家庭と連携を図りながら児童の道徳的実践力を高めるために,道徳授業を保護者に公開する。

 本校では,道徳の時間を保護者に公開し,道徳授業や児童の様子について協議する場を設定してきている。本年度も9月27日(水曜日)に全学級が道徳授業を公開し,指導主事を招聘してのPTA道徳研修会も実施した。

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。