ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立早稲田中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立早稲田中学校 成果と課題

成果と課題

【コミュニケーション活動を取り入れた授業について】

あなたは「道徳の時間」は楽しいと思いますか。のアンケート結果

 「楽しい」と回答した理由

《内容》

・道徳の話がおもしろいから

《話し合い活動》

・みんなで話し合えるから
・意見を言い合うのが楽しいから
・他の人の意見など聞いたら理解できて楽しいから
・みんなで話し合ったりするから

《思考》

・いろいろなことを考えたりするから

《理解》

・いろんなことがわかる、友人関係など

《ねらい》

・大切なことが学べるから

《教材》

・アンケートなどおもしろいことがわかるから

「楽しくない」と回答した理由

《内容》

・楽しい内容をしていると思わないから

《話し合い活動》

・ただ話を聞くだけだから 

《思考》

・考えることが多くて、考えることが難しいから

《理解》

・よく理解できない 

あなたは「道徳の時間」はためになると思いますか。のアンケート結果

「ためになる」と回答した理由

《共感》

・相手の気持ちや周りの人の気持ちがわかるような気がする から
・人との協力や、こんな時どうするかなど考えたから

《生き方の改善》

・日常で使えることがたくさんあるから
・考えていたことを変えたりしたりするようなことがいろいろあるから
・心をなおそうと思えたりするから
・話を聞いて次はこうしようと考えるから
・今自分がやるべきことを考えるから
・よいと思ったことを実行しようと思ったから

《知識の獲得》

・世の中のことについて勉強していると思う
・心の中のことがわかるから
・日常であることがわかるから
・人間関係のことがわかるから
・社会や学校生活でも重要なことを学んでいるから
・人との接し方がわかるから

《有益》

・生活に役に立つから
・いつか役に立ちそうだから
・自分でよく考えることができるから

「ためにならない」と回答した理由    

《理解できない》

・よくわからないから
・自分が納得できないことがあるから

《役に立たない》

・改心してもその日の内だけだから
・現実の生活の中ではないような内容のものもあるから・実際にためになっていないから

《興味がない》

・あまり関係ないから
・将来性のない話ばかりだと思うから     
・わかりきっていることなどが多いから

【結果】

・道徳の時間が楽しいと考えている生徒が1ヶ月で11ポイント増え、まったく思わないが9ポイント減っている。
・道徳の時間の授業が楽しい理由は話合い活動で意見を言ったり、他の人の考えを聞いたりして、いろいろなことを考えたり、学べたりするからと考えている生徒が多い。
・道徳の時間が楽しくない理由は、道徳の内容そのものが「楽しい」ものではないこと、内容がよく理解できず、難しいと考えている生徒が多い。
・道徳の時間がためになると考えている生徒が「とても」「だいたい」を合わせて11ポイント増えている。
・道徳の時間がためになると回答した理由は、人の気持ちがわかるような気がする、自分の生き方を改善しようと考える、大事なことがわかるなどが多い。
・道徳の時間がためになると思わない理由は、内容がよく理解できないと回答した生徒と、内容がわかりきっていると回答した生徒の両方がいる。また、日常生活に役立たないと回答している生徒がいる。

【考察】

・他者と関わりながら自分の考えを深めることに楽しさを感じている生徒が多いことから、コミュニケーション活動が効果的であったことが伺える。
・道徳の時間で他者に共感しようとする生徒や、自分の生き方を見つめ、改善しようと考えている生徒が増えていることから、他者と 意見を交流する活動は効果的であると考える。
・道徳の時間が楽しい、ためになると思えないと考える生徒の中には、内容が十分に理解 できないためにそう回答している生徒が多く見られる。このことから、コミュニケーション活動をする際は、聞いたり、考えたりするだけでは理解が難しい生徒のための手立てを工夫する必要があることがわかった。

 

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。