ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立早稲田中学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立早稲田中学校 実践のポイント

実践のポイント

「ティーム・ティーチングによる指導」

ティーム・ティーチングによる指導の様子

○今年度より、ティーム・ティーチングによる指導をはじめました。
 板書、資料の範読、話し合いの支援などを分担し授業を行っています。

↓

二人の教師で生徒の発言を聞くことにより、きめ細かい意見集約が可能となり、生徒の発言を生かした授業をすることができます。

「さまざまな指導法を取り入れた授業」

授業の様子1

「ネームプレート」

個人名の入ったマグネット付きのカードを黒板上に示された座標の上に置かせる。

↓

ネームプレートで一人一人が自分の意見を明確にし、他の生徒の意見も同時に確認できるので、活発な意見交流を行うことができます。

授業の様子2

「ロールプレイ・ディベート」

グループでの話し合いの時、異なる二つの立場に分かれて話し合い、途中で立場を交代する。

↓

異なる立場の意見を考えることにより、生徒の考えを深めることができます。

「音楽による資料提示」

授業風景

さだまさしさんの「償い」を、歌を聞かせ資料提示しました。主人公の「ゆうちゃん」は、「償いきれない罪」を必死で償おうとします。「ゆうちゃんの誠実な態度」に、生徒は授業の中で出会います。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。