ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

呉市立三津口小学校 2実践のポイント

校章 呉市立三津口小学校

2 実践のポイント

児童の心に響く授業づくり

資料提示の工夫

「パワーポイントを使って」 資料の内容を把握しやすくし、より心情に訴えることができる
第6学年 かけがえのない命(3-2)
「紙芝居を使って」 興味・関心をもたせるとともに、板書にも活用
第1学年 親切な心で(2-2)

話合い活動の工夫

「ネームプレートを使って」 考えや立場を明確にした後、話合いに入る
第5学年 ぼくにとっては(1-4)
「ワークシートの活用」 心の動きを文章で書き表す
第3学年 言葉ひとつで(2-1)
「少人数での話し合い」 考えを比べ合い、活発な意見交流ができる
 第4学年 本当の友達とは(2-3)
「役割演技を用いて」 主人公の揺れ動く気持ちに共感し、考えが深まった
第2学年 相手を思いやって(2-2)

家庭や地域と連携した取組み

地域の講師が参加する授業

「校区内のパン屋さんをゲストティーチャーとして招く」 給食のパンを作ってくださる方の話を聞き、自分たちの考えを述べました

第2学年 いただきまーす(2-4)

教育活動全体で取り組む道徳教育

生活科の中で 総合的な学習の時間の中で

1年生 毎朝の水やり・5年生 おじいさん、おばあさんとの交流会

 家庭や地域と連携した取組み・道徳的環境の整備 

 「心のノート」の世界を校内に話合い活動の工夫 

道徳コーナーの設置や掲示物の工夫

  

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする