ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 安芸太田町立加計小学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

安芸太田町立加計小学校 取組みの概要

取組みの概要

取組みの概要

研究主題を「豊かな人間性を育てる道徳教の推進~協働で学び合う応答ある授業を通して~」と設定し取組みを進めた。「道徳の時間」の実践を充実させていくことを研究の中核とし,これを教科,特別活動,総合的な学習,行事等すべての教育活動に反映させるとともに,校内の人的・物的環境を整え,学校教育全体で行う道徳教育を充実させていくことを目的としている。また,昨年度までの研究の中心であった「伝え合う力の育成」の成果を生かすとともに,課題の克服に努めることもふまえて取組みを進めている。なお,研究の仮説は次の通りである。

仮説1

児童の実態にあった資料を選択し,資料分析構造図をもとに教材解釈を行い,その時間でねらう道徳的価値に到達できる指導過程を仕組めば,自己の問題としてとらえ,自分の思いをもち,価値の主体的自覚ができる「道徳の時間」になるであろう。

仮説2

協働で学び合う学習集団づくりを基盤とした授業展開を工夫すれば,応答ある授業が可能になり,主体的・意欲的に道徳の授業に取り組む学級の集団になるであろう。

仮説3

価値の主体的自覚を促すために,資料離れを工夫すれば,道徳的実践力が高まり,生活の中で生きて働く豊かな道徳的実践が期待できるであろう。

仮説4

「書く」という沈黙の場を保障し,設定すれば,子どもたちはより深く自己を見つめ,自分自身に問いかけるであろう。

  

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。