ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 大崎上島町立木江中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

大崎上島町立木江中学校 成果と課題

 成果と課題

生徒のアンケートから

「道徳の時間は「楽しい」と思いますか」のアンケート結果

「道徳の時間は「ためになる」と思いますか」のアンケート結果

成果

・アンケートから、道徳の時間は「楽しい」と思える生徒が73%から94%近くに上昇している。もともと道徳の授業に対する数値は高かったが、4月以降の全教職員による授業づくりに対して取り組む姿勢が道徳の時間に活気を与え、考えたり意見発表することは「楽しい」と生徒が思えるようになってきている。

・「ゴミが落ちているのを見て、道徳の授業を思い出した」「道徳でやった話が、ドラマ放映されたのを見た」と話す1・2年生。玄関に積んであったアルミ缶を「明日は参観日で親が来るので、美観を損なう」として自主的にアルミ缶の整理・移動をしてくれる3年生の姿。日常生活で、「気づける」「行動できる」生徒が増えている。

・「道徳の授業はどうですか?」の問いに、「しんどいです。」と答える生徒が多い。「何故しんどいのですか?」と問い直すと、「考える内容が重いです。」との答え。真剣に考えている生徒の声である。

課題

・道徳の授業の改善と工夫に取り組んできたが、生徒アンケートからは未だ自己肯定感の数値が60%台で横ばいという結果が出ている。これは道徳の授業だけではなく、教科・体験学習・行事・生徒指導といった、全領域で統一した方向性での取り組みがなくては、生徒に自己肯定感を持たせることはできないことを示している。今後も全領域でコミュニケーションを大切にし、お互いが信頼し感謝の気持ちが持てるような取り組みが必要とされる。

 トップページへ  取組みの概要へ  実践のポイントへ

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。