ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 教員を志望する方へ > 教員資格認定試験の合格により免許状を取得する
教員の募集
管理職等の募集
再任用の募集
臨時的任用及び非常勤講師の募集
教員免許

教員資格認定試験の合格により免許状を取得する

概要教員資格認定試験に合格したことにより普通免許状を取得する場合の申請です。黒板
申請窓口広島県教育委員会事務局 管理部教職員課企画調整係
[県庁東館5階]
(〒730-8514 広島市中区基町9-42)
※郵送でも受け付けています。
※直接受付窓口にお越しになる際は,必ず印鑑をご持参ください。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
例年2月から4月下旬(特に3月)は,教育職員免許状の授与申請,単位修得相談の窓口や
電話でのお問い合わせ窓口が非常に混みあい,長時間お待ちいただくことがあります。
授与申請や単位修得相談は,この時期をできるだけ避けてくださいますよう,御協力をお願いいたします。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
受付日時(開庁日)月曜日から金曜日(ただし,休日及び12月29日~1月3日は除く。)の
午前8時30分から12時00分まで/午後1時00分から5時15分まで
申請期間

毎交付日の一週間前を締切とし,随時申請を受け付けております。
(締切日が閉庁日の場合は,直前の開庁日)

交付予定日

毎月15日と月末
(15日と月末が閉庁日の場合は,直前の開庁日)

手数料

3,400円

申請方法

【窓口で申請する場合】
(1)県庁東館5階の教職員課(申請窓口)で申請内容の確認を受けてください。(10分程度)
(2)県庁本館1階の会計管理部(納入窓口)で現金3,400円を納付してください。
(3)県庁東館5階の教職員課(申請窓口)で申請書類を提出してください。

【郵送で申請する場合】

(1)次の銀行口座に手数料3,400円を振込んでください。
   【振込先銀行】 広島銀行 県庁支店
   【口座番号】      普通 3056490
   【受取人】          広島県教育委員会事務局管理部教職員課出納
   【振込人名義】 必ず申請者本人の名義にしてください。
         ※同時に複数の申請をする場合,手数料は合計額で振込むことが可能です。

(2)申請書右上の「手数料欄」に,手数料を振込んだ日付を記入してください。
      また,領収書が必要な場合,申請書右上の「手数料欄」のカッコ内に〇印を記入してください。
(3)郵送に当たっては,簡易書留等の記録が残るものを利用してください。

提出書類
1 教育職員免許状授与申請書
リストマーク 教育職員免許状授与申請書 (PDFファイル)(93KB)
リストマーク 教育職員免許状授与申請書 (Wordファイル)(47KB)
リストマーク 記入例 (PDFファイル)(137KB)
2 履歴書
            リストマーク 履歴書 (PDFファイル)(69KB)
            リストマーク 履歴書 (Wordファイル)(53KB)
            リストマーク 記入例 (PDFファイル)(161KB)
3 宣誓書
リストマーク 宣誓書 (PDFファイル)(38KB)
リストマーク 宣誓書 (Wordファイル)(26KB)
4 教員資格認定試験合格証明書
認定試験を実施した大学から交付されたものを提出してください。
5 所有している教育職員免許状の写し
●所有している全ての免許状について,表と裏の写しを提出してください。
 ・教育職員免許状を初めて申請される方は不要です。
  ・専修免許状と一種免許状など,同一校種(及び同一教科)の免許状を複数お持ちの場合も,全ての免許状について提出してください。 
 ・助教諭免許状及び司書教諭の証明書については提出不要です。
●免許状を紛失している場合は,免許状の発行元の都道府県教育委員会から発行された教育職員免許状授与証明書(原本)を提出することで,これに代えることができます。
 
6  免許更新関係の証明書の写し(平成21年4月1日以降に発行された免許状しか持たない方のみ)
教育職員免許状を初めて申請する方,過去に教育委員会で免許更新関係の手続きを行ったことがない方は,提出不要です。
●平成21年3月31日以前に発行された教育職員免許状(助教諭免許状を除く。)を1枚でも所有している方は,過去に免許更新関係の手続きを行ったことがある場合でも,提出不要です。 
●平成21年4月1日以降に発行された免許状しか持たない方で,過去に教育委員会で免許更新関係の手続きを行った方は,その際に教育委員会から発行された証明書の写しを提出してください。
 (有効期間更新証明書,有効期間延長証明書)
 
7  戸籍抄本又は戸籍個人事項証明書(原本) (発行から3か月以内のもの)
●提出書類の中に,氏名又は本籍地の都道府県が現在と異なるものが1つでもある場合に限り,変更前の氏名・本籍地及び変更年月日が記載された戸籍抄本等が必要です。
 全ての提出書類が,現在の氏名及び本籍地で作成されている場合は,提出不要です。
●過去に広島県教育委員会で免許更新関係の手続きを行った方で,(1)と(2)のどちらにもあてはまる場合は,免許更新関係の手続きを行った際に広島県教育委員会から発行された証明書の写しを提出することで,戸籍抄本等の提出を省略できます。
(更新講習修了確認証明書,修了確認期限延期証明書,更新講習免除証明書等)
   (1)氏名または本籍地が異なる提出書類が,証明書に記載のある免許状のみであること。
      (証明書に記載された免許状以外に,旧姓や旧本籍地により作成された提出書類がないこと)
   (2)証明書が,現在の氏名及び本籍地で作成されていること
●戸籍抄本等で,提出書類に記載されている氏名,本籍地から現在に至る変更の内容が確認できない場合は,除籍や改製原戸籍の抄本等も必要となります。
 (留意事項)
次の場合に,1通の戸籍抄本では変更の事実が確認できないことが多くあります。戸籍抄本等は,各自治体により書式や記載内容が異なりますので,詳しくは各自治体の戸籍担当へ確認してください。
 ※具体的な事例はこちら (PDFファイル)(146KB)
・本籍又は氏名を2回以上変更した場合
・離婚の際に称していた氏を継続して使用している場合
・婚姻を伴わず,本籍又は氏名を変更した場合 
8 返信用封筒
免許状を送付するために使用します。
角形2号(240mm×332mm)の封筒に450円分の切手を貼付し,宛先を記入してください。
窓口で申請する場合も,返信用封筒をお持ちください。(交付後,来課して免許状を受け取る場合を除く。)
備考

●証明書は教育職員免許状,免許更新関係の証明書を除き,原本を提出してください。なお,提出された証明書は返却しません。

●教育職員免許状を初めて申請する場合で,教員資格認定試験に合格した日の翌日から起算して10年以上が経過しているときは,免許状更新講習を受講後2年2か月以内に免許状の申請をする必要があります。詳細については申請窓口までお問い合わせください。

●提出書類,記載内容について照会する場合がありますので,教育職員免許状授与申請書にある「電話番号」は必ず記入してください

●申請書のファイルをダウンロードできない場合,又はダウンロードしたものを印刷できない場合は,直接申請窓口まで取りに来ていただくか,若しくは郵送により請求してください。

【申請書を郵送で請求する場合】

  • 92円分の切手を貼付した返信用封筒(長形3号[120mm×235mm]推奨)を次の宛先に送付してください。
  • 封筒の表に「教育職員免許状授与申請書請求(免許法第16条の2)」と朱書きしてください。
    (宛先)
     〒730-8514 広島市中区基町9-42
     広島県教育委員会事務局管理部教職員課

■■ 関連情報 ■■
  添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります
関連法令等・教育職員免許法(昭和24年法律第147号)第16条の2

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)