ひろしま県民だより 第332号

ひろしま県民だより 第332号

笑顔を未来へつなげていこう。

高齢期の暮らしを支え合える広島に

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくために何が必要だと思いますか?

今年度は平成22年度に策定し、取り組んできた「ひろしま未来チャレンジビジョン」の中盤を迎える重要な時期。アンケートの回答を見ると、県経済や生活環境が良い方向に変わったと答えた方は2割にとどまっています。広島県では、これまでの取組をより確かな成果につなげ、より多くの方にその成果を実感していただくため、「イノベーションが生まれる最適環境」を創り、本県経済の持続的発展につなげること、また、「広島県の強みや基盤」を活かして、魅力ある豊かな広島県を実現することを基本に、重点的に施策を推進します。

「イノベーションが生まれる最適環境」を創り、経済の持続的発展を実現!
平成26年度の広島県の施策・事業

「県民主体」で成果を「実感」できる県政運営を目指します!

今年度は平成22年度に策定し、取り組んできた「ひろしま未来チャレンジビジョン」の中盤を迎える重要な時期。アンケートの回答を見ると、県経済や生活環境が良い方向に変わったと答えた方は2割にとどまっています。広島県では、これまでの取組をより確かな成果につなげ、より多くの方にその成果を実感していただくため、「イノベーションが生まれる最適環境」を創り、本県経済の持続的発展につなげること、また、「広島県の強みや基盤」を活かして、魅力ある豊かな広島県を実現することを基本に、重点的に施策を推進します。

広島県の経済やあなたの生活環境は昨年度と比べてどう変わったと思われますか?

1.変わらない:67.9%

2.どちらかと言えばよくなっている:18.1%

3.悪くなっている:11.9%

4.よくなっている:2.1%

(平成26年2月実施 有効回答数204人)

「イノベーションが生まれる最適環境」を創り、経済の持続的発展を実現! 事業費/60億円

広島県の経済を持続的に発展させていくため、イノベーションを生み出す事業環境の創出と、その担い手である人材の育成・集積、さらに、人材集積を後押しする環境づくりに重点的に取り組みます。

ダイナミックな事業環境の創出 事業費16億円

多様な創業・新事業展開の支援やアイデアが生まれやすい場づくりを進めるとともに、医療分野や環境浄化分野など、成長分野の企業集積や事業展開、ものづくり産業の高度化を後押しします。 農林水産分野では、生産・供給体制の強化や農林水産物のブランド化・高付加価値化を促進します。

目標の一例

支援対象の創業・第二創業件数 300件(H26)
医療機器等生産額 117億円(H24)-> 140億円(H26)
経営力の高い集落法人数(販売額4千万円以上) 45法人(H24)-> 83法人(H26)
レモン産出額 12.0億円(H24)-> 15.1億円(H26)

多様な人材の集積 事業費3億円

イノベーションの原動力となる産業人材や企業の海外事業展開に必要なグローバル人材の育成・確保、若者や女性の就業を支援。また、多様な人材を惹きつける都市圏の魅力創造に取り組みます。

目標の一例

県内企業における高度で多彩な産業人材の育成人数44人(H24)-> 125人(H26)
女性(25~44歳)の労働力率 71.9%(H22)-> 76.8%(H26)

社会で活躍する人材を育てる学校教育 事業費3億円

安心して学べる環境を整えた上で、学力向上に加えて、豊かな人間性と創造性を育成。さらに、語学力や幅広い教養、課題解決力などを身に付けるグローバル教育を具体化します。

集中対策実施校(スクールサポーター派遣校)における暴力行為発生件数減少率 H24年度比 マイナス80%の定着(H26)
グローバル化10年展開構想&5年間のアクションプラン策定 低コスト留学プログラムの開発 2プログラム(オーストラリア・台湾)(H26)

ファミリー・フレンドリーな魅力創造 事業費38億円

多様な人材の集積を後押しするため、仕事と子育てが両立しやすい、家族一緒に暮らしやすい環境を整備。また、都市の利便性と自然の豊かさを満喫できる広島暮らしの魅力をアピールし、特にファミリー層の定住促進に取り組みます。

男性の育児休業取得率 4.1%(H24)-> 7.0%(H26)
保育所等入所児童数 62,036人(H25.3)-> 64,483人(H27.3)