ひろしま県民だより 第330号

ひろしま県民だより 第330号

育てよう、広島県の人と絆。

児童・生徒のための教育環境づくり

広島県が学力向上に向けて特別な取組を行っていることを知っていますか?

将来を担う人材の育成のため、教育環境を整備します。

アンケート結果を見ると、学力向上に向けた県の取組があまり知られていないことが分かりました。
県では、人づくりの基礎となる児童・生徒の学力の向上を図るため、様々な取組を進めています。そのひとつが、小・中学校または中学校同士が連携して教科指導と生徒指導の一体的な対策を行う「学力向上総合対策事業」です。学力向上のために、県内指定の小・中学校の教員が連携して指導方法の工夫や改善を行い、9年間でつまずきを解消するための合同研究などに取り組んでいます。
こうした取組を行う中で、本年度の全国学力・学習状況調査において、県内の公立小・中学校の平均正答率は、実施教科すべてで全国平均を上回りました。
また、野外体験活動等を通じた豊かな心の育成や、海外の学校との交流等により国際感覚を持った人材の育成に取り組むほか、安心して学べる環境づくりも進めています。
これらの取組により、将来を担う人材の育成を推進します。

小・中学校が連携して学力の向上を推進
県内の公立学校で特色ある取組を実施しています!

【お問い合わせ】教育委員会 秘書広報室 ☎082-513-4934