ひろしま県民だより 第330号

ひろしま県民だより 第330号

育てよう、広島県の人と絆。

年末年始に向けた防犯対策を

日頃から家族と防犯対策について話し合っていますか?

 家族の絆を深め、犯罪被害を未然に防ぎましょう。

アンケート結果を見ると、家族で防犯対策について話し合う機会はあまり持たれていないことが分かりました。これから年末年始を迎え、この時期特有の様々な犯罪の発生が予想されます。しかし、多くの場合、事前にその手口を知っておくことで被害を未然に防ぐことができます。
たとえば、いつもより多くのお金を持ち歩くことが多い年末年始に特に注意が必要な「ひったくり」は、カバンや手荷物の持ち方に気をつけ、普段から周囲に注意を払うことなどで被害を防げます。
また、県内でも増加傾向にある「振り込め詐欺」などの特殊詐欺も、焦らずにまずは疑ってみること、振り込む前に誰かに相談することなどで被害を未然に防止できます。
年末年始は家族が集まるせっかくの機会。まずは一番身近な家族の間で犯罪の手口などについて話し合い、共通の認識を持つことで防犯対策に努めましょう。広島県警察も、年末年始は特別警戒活動を実施しています。家族の絆、ひいては県民全体で「安全・安心なまちづくり」を進めていきましょう。

年末年始をきっかけに防犯対策の話し合いを
被害を防ぐために知っておきたい対策術!・もしもの時はお電話を!

【お問い合わせ】警察本部 安全安心推進課 ☎082-228-0110