ひろしま県民だより 第328号

ひろしま県民だより 第328号

今、広島県ができること。

地球温暖化防止に身近な省エネ対策

広島県が地球温暖化防止に関する取組を進めていることを知っていますか?

 県民みんなで、夏の電力消費を減らしましょう。

アンケート結果を見ると、地球温暖化を防止する広島県の取組は、あまり知られていないことが分かりました。県では、昨年から「ひろしまクールシェア」の取組を進めています。夏の暑い日、家庭の電気の半分以上をエアコンが使用しています。電力需要が最大となる平日13時から16時の時間帯に、家庭のエアコン等を消して、公共施設や商業施設等に出かけ、涼しさを分かち合って過ごす(シェアする)ことで、家庭の電力使用量を減らしながら、地域全体で節電することを目的とした取組です。誰でも気軽に参加できる、地球環境を守る活動です。さらに、県民のエコ意識を高めるため、毎月第一土曜日を「ひろしま環境の日」と定め、環境月間行事と連動して一斉に取り組む実践行動を呼びかけています。家庭でもテレビを省エネモードに設定したり、冷蔵庫に物をつめこみすぎないようにするなど、一人ひとりで実践できることがあります。地球温暖化防止のために、一緒に行動していきましょう。

お得に涼しく過ごせるひろしまクールシェア 広島県はさまざまな地球温暖化対策に取り組んでいます!
「メガソーラー」発電事業

再生可能エネルギー普及のため、県と中国電力グループが共同してメガソーラー発電事業に取り組みます。事業の収益は、省エネ促進策などにより地域に還元する予定です。

「電気自動車」の普及活動

レンタカー等により、県民が気軽に電気自動車に乗れる機会の提供や、ガス欠ならぬ「電欠なき広島県」実現に向けた計画を策定し、充電環境の整備を推進しています。

「ひろしま環境の日」の取組

県民一人ひとりのエコ意識を高めるため、毎月第一土曜日を「ひろしま環境の日」に設定。今年度から県民みんなで取り組む実践行動を呼びかけています。8月3日(土)の実践行動は「エアコンの設定温度は28℃」です。

【お問い合わせ】環境政策課 ☎082-513-2911