月刊こちら広報課 2017年8月号

今月のよくばりさん

江田島市 松尾 諭さん

今月のよくばりさん 松尾諭さん
江田島オリーブ栽培の様子

自然の恵みを欲張りにオリーブに詰め込む!

江田島を日本一の産地にするべく、仲間たちとオリーブの栽培に取り組んでいます。 私はもともと海運会社に勤務していたのですが、会社の事業の多角化で、2年前からこの仕事に就いています。 新しいことに挑戦するのは面白いし、実家が尾道市瀬戸田町で柑橘類の栽培をしており、農業にはなじみもありました。 海外の栽培方法を学びつつ、江田島で育てたオリーブの独自性を出せるよう、日々試行錯誤しています。 育てているオリーブは、安心・安全が第一なので農薬を使っておらず、夏は草刈りが大変です。 また、高品質なオイルにするため、収穫した実は獲ったその日のうちに搾油しなければいけません。 秋の収穫期は目が回るような忙しさですが、その頑張りが、“江田島の高品質なオリーブオイル”としてお客様から評価され、声になって返ってくることが、この仕事のやりがいですね。

江田島オリーブファクトリー 外観

オリーブの輪で江田島を盛り上げたい!

温暖で日照時間が長い江田島は、オリーブの栽培に最適な環境で、一般の方も栽培をしており、それを生きがいにしている方もおられます。 江田島を名実ともに「オリーブの島」にしていくため、さらにオリーブ栽培の輪を広げ、良質の製品をたくさん江田島から送り出して、多くの人にその良さを知ってもらいたいです。 昨年夏には、オリーブオイルの加工施設とレストラン・ショップが併設した「江田島オリーブファクトリー」もオープンしました。 11月には、広島市や呉市のパン屋さんなどに集まって頂きマルシェが開催されました。 初めての経験で、色々苦労もありましたが、マルシェをきっかけに地域を越えた交流が生まれ、充実感がありました。 栽培から加工、販売まで一貫して行っていますので、各段階で色んな方とふれあえる喜びがあります。 これからもこうしたオリーブの輪で、地域を盛り上げていきたいです。

今月のよくばりさん 松尾諭さん

よくばり=江田島の自然の恵みを仕事で、家族でフル活用!

私にとっての「よくばり」は、江田島の豊かな自然の中で仕事ができて、家族との時間も楽しめることです。 オフは釣りや山登りを楽しむことが多いのですが、7歳と5歳の息子たちは私以上に釣りにはまっていて、竿のとり合いになることもしばしば。 子どもたちには自然の中でのびのびと、時には野生的な経験も積みながら、元気に育ってもらいたいと思っています。 できるだけ多くの時間を子どもたちと一緒に過ごして、成長を見守っていきたいですね。 私はマラソンも好きで、今度は江田島の「かきカキマラソン」に参加してみたいです。 仕事でも家族でも、これだけ江田島を満喫できているのは、よくばりですよね。

オリーブオイルの瓶詰め作業の様子

オリーブオイルの瓶詰め作業

江田島オリーブファクトリー店内の様子

江田島オリーブファクトリー店内

お子さんと近くの公園で遊ぶ松尾さん

家族との時間も満喫できる江田島での生活

今月号の目次