月刊こちら広報課 2017年5月号

今月のよくばりさん

安芸高田市 田中 瑠実さん

今月のよくばりさん 田中瑠実さん
神楽部の練習風景

神楽の一体感は最高!

私が育ったのは神楽が本場の安芸高田市美土里町で、小さい頃から兄妹みんなで当然のように踊っていました。 5歳から神楽笛を習っていて、中学3年生からは、地元の横田神楽団で活動していました。 神楽の魅力は、舞い手・囃子方・観客との一体感です。公演の前はとても緊張するんですが、いざ舞台が始まると、会場の一体感でワクワクしてきて、とても気持ちが良いんです。 高校も神楽部で、「神楽甲子園」にも参加しています。 「神楽甲子園」は毎年安芸高田市で開催されていて、吉田高校がホスト校なんです。
神楽を通じて九州から東北まで、友達がたくさんできるのは嬉しいですし、神楽笛は吹く人や団体によって音色や拍子が違うので、他の学校の音色を聴くのはとても新鮮です。 先輩に負けないように頑張って、少しでも多く自分が吹く公演を増やしていきたいです。

クラスメイトと談笑する田中さん

将来の目標は患者さんに寄り添える看護師

吉田高校生活福祉科の私のクラスは、和気あいあいとした雰囲気で、みんな仲が良いですよ。 私は、2年次には介護職員初任者研修にも参加しているのですが、将来の目標は看護師になることなんです。
平成26年8月に広島市で起こった土砂災害の報道では、色々と考えさせられたのですが、特に看護師の方が被災者のメンタルケアまでされているのが印象的でした。 私も被災者や病気の方に寄り添って、その人の支えや助けになるような仕事がしたいと思うようになったのがきっかけです。

今月のよくばりさん 田中瑠実さん

よくばり=いろんなことにチャレンジ!

私にとっての「よくばり」は、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジすること。 地域おこしや国際交流にも興味があって、「OECD広島創生イノベーションスクール(HIS)」にも参加しています。 これは、高校生が地域の課題解決に取り組んで、広島の力を世界に発信することが目的です。 県内13校の高校生が「プロジェクト学習」をしていて、吉田高校は、三次高校・安古市高校・広島国泰寺高校と一緒に活動しています。 昨年は「都会と田舎が仲がいい」ことをもじった「トナカイフェス」も開催され、吉田高校はその前のプレフェスで神楽も上演しました。
今年度は受験もあるので忙しいのですが、悔いの無いように神楽にも、HISにもチャレンジしていきたいです。 体力にはちょっと自信があるのでいつかロッククライミングにも挑戦したいですね! やりたいことがいっぱいです(笑)。

神楽部の練習風景

神楽部の練習風景

神楽甲子園で「神楽伝承奨励賞」を受賞

神楽甲子園で「神楽伝承奨励賞」を受賞

吉田高校神楽部のみなさん

吉田高校神楽部のみなさん

今月号の目次